無料体験学習申込&お問い合わせ

TEL 075-644-4670

そろばん やってて良かった! 子供にも そろばん習わせたい 孫たちに そろばん習わせたい

そろばん経験者の多くがこう思っています。

珠算の必要性を感じるからこその思いです。

  • なぜ珠算が必要性なのか?

    小学生で算数を習い、中学生からは数学を習います。その算数・数学から取り除くことが出来ないのが「計算」です。この計算は大人になっても必要です。計算する力をつけるために学校では筆算という形で習います。しかし、それは紙の上で行う計算であり、筆記用具と紙が必要になります。これを脳内で処理してしまう力をつけるのが珠算というわけです。「計算力」は高い方が絶対有利です。

  • 究極の右脳教育を実現する珠算式暗算

     珠算式暗算は、そろばんの珠をイメージ化して頭の中に浮かべます。そして、それを実際のそろばんと同じように動かして計算をするのです。この珠をイメージする場所は、右脳の後頭部のところにつくられます。この場所は、子供の時にしかつくることができませんが、1度できると、その場所は生涯にわたって存在して、いつでも使うことができるのです。筆算式暗算は【左脳】珠算式暗算は【右脳】を使います。

     今まで大脳生理学では、すべての計算は左脳で行われていると考えられていました。しかし、日本医科大学の品川教授の発見により、珠算式の暗算だけが右脳で計算していることがわかり、世界中の研究者を驚かせました。図では、筆算式の計算が左脳を使っているのに対して、珠算式の暗算は右脳をつかっているのが良くわかります。珠算式の暗算は青い部分が一か所で、白い部分が多いのは、集中している状態を表します。

     この珠算式暗算法を習得するためには、まずそろばんのおけいこをすることが前提となります。学校で習う筆算式暗算法の癖をなくして珠算式に脳を切り替える必要があるのです。

  • 昔から「読み 書き そろばん」

     そろばんは計算を早くするだけではありません。【読み】は目で見た視覚的情報を脳内で分析し、意思・判断・発想などに繋がります。【書き】は手を動かすことで、脳内の働きを活性化させ、思考能力を高めます。【そろばん】は、これら【読み】【書き】の働きを同時にこなせる秘密兵器なのです。

     指で算盤をはじきながら、視覚的情報を脳内に取り入れていきます。脳科学的には、計算・数学・時間の感覚は左脳が行うとされています。それに対し右脳は空間認識や芸術的な情緒感覚をつかさどると言われています。【そろばん】という立体的視覚物を空間的情報として右脳で処理し、同時に指を動かしながら左脳に刺激を与え、計算の力を発揮させます。だから、私は【そろばん】を算数・数学の秘密兵器と呼んでいます。頭に算盤が浮かんで暗算が出来る人がいます。まさにこれが【そろばん】の効果です。この効果を発揮するには、遅くても小学校3年生までにそろばんを始める必要があると言われています。

     先人の方たちは、これらの事を身をもって感じ取っていたんですね。だから【読み】【書き】【そろばん】が大切!と代々引き継いできたんです。

  • 京都大学生から生まれたピコ

    そろばん塾ピコは、京都大学生の経験から生まれました。京大生を集めて全国の受験生を指導していた京大個別会が、京大生に「習い事アンケート」を行ったところ、当時の習い事ランキングに(そろばんは10位前後)反して、なんとそろばんは3位に入っていました。それに加え、「習っておいて良かった習い事ランキング」では堂々の1位になったのです。これがすべてを物語っています。現在、そろばんの効果が見直され、全国的の教室が増えてきています。それに伴い2016年度習い事ランキングでは7位にまで上昇しています。

そろばん やってて良かった! 子供にも そろばん習わせたい 孫たちに そろばん習わせたい
そろばん やってて良かった! 子供にも そろばん習わせたい 孫たちに そろばん習わせたい

無料体験申込&お問合せ

TEL 075-644-4670

そろばん やってて良かった! 子供にも そろばん習わせたい 孫たちに そろばん習わせたい