『学ぼう』って気持ちが明日を変える

京都市南区の個別指導学習塾 ショウイン認定校 【京都松陰塾】 塾長ブログ

Archive for the '常伸スクール' Category

道をつくる

中学生で「夢」を持ち、その「夢」に向かって進もうとする子は、非常に稀です。

中学生の多くは、将来設計はまだ考えていないし、「今」を思いきり生きている。

 

大人になると、自分自身を客観視できたり、冷静に自己分析したりできるけれども、

中学生では、まだ分析力が身についていないので、「今」を思いきり生きている。

 

分析力を身に付けるための勉強は、高校に入ってから学びます。

小学校で、「事実」「現実」「生活」に沿ったことや必要なことを学びます。

中学校で、小学校の学んだことの応用や、判断力、思考力が身につくよう、学びます。

そして、高校で、論理力、分析力に繋げていくわけです。

 

このように小中高12年間で、社会生活に必要な行動がとれるよう教育を受けていくわけです。

勉強に関しては「脱ゆとり」と言われていますが、

12年間かけて学び取る環境そのものが「ゆとり」である気がします。

 

小学生のうちから、論理力・分析力を身に付ける教育を受けられれば、

あらゆる社会問題が解決してきそうな気がします・・・

「受動的な勉強」が、「能動的な勉強」に変化します。

 

通園した、幼稚園・保育園が子どもの成長にかなりの影響を与えています。

また、家庭内では「親が聞く耳を持って」子どもに話をさせること。

これを小さいころからしておくと、「能動的な勉強」につながりやすいのです。

 

さて、現状を考えるならば、

今の中学生は「分析力」を身に付けていない子が多い。ということを考えないといけない。

中学生が自分で「高校」を選ぶことは非常に難しいことになる。

・親に言われたから

・友達が行くから

・やりたいクラブがあるから

・行けるとこならどこでも

・自分の成績に見合ったところ

このような理由だけで高校を選んでしまってよいのでしょうか?

 

学校の成績が良いから「学校の先生に言われた高校」「塾の先生に言われた高校」

これも、冷静に考える必要があります。

 

子どもにとって、将来を左右しかねない高校生活。

高校生活を通して、その先の道を、自分で作っていくことになります。

 

ならば、私にできることは、

中学生に、各々にあった高校を選んであげること。

高校への【道をつくること】

成績・性格など、あらゆる特性を見極めて、

その子に合った道を開くための、スタートラインを決めてあげること。

 

毎年、京都市内の私立・公立高校は出来る限り多く訪問して、学校の雰囲気を感じ取るようにしています。

学校の雰囲気だけでなく、生徒の様子や、先生の様子。学習状況や、卒業後の進路状況。

総合的に判断して、子どもに合った、高校への【道】を作るようにしています。

posted by 塾長 in 常伸スクール and have 道をつくる はコメントを受け付けていません。

プラス思考とマイナス思考

生まれてから死ぬまでに、人は色々なことを学び、経験し、時に反省したりします。

 

プラス思考が 十歩

なら

マイナス思考は 一歩

 

マイナス思考は10個ないと、プラス思考に敵わないってこと。

だから、人は前に進めるのです。

 

プラス思考が十歩進むのに対して、マイナス思考は一歩だけ。

それでも一歩、人は前に進めるのです。

posted by 塾長 in 常伸スクール and have プラス思考とマイナス思考 はコメントを受け付けていません。

新教室

3月24日の春期スクーリング開始と共に移動した新教室。

京都松陰塾では、机と机の間に仕切ができるようにと、机6台を新調しました。

組立てるが大変でした。

コピー&ファックスがちょっと大きいんで、場所かさばってます・・・

受付台には、生徒のお母さまが下さいました花を置いてます。

 

そろばん塾ピコでは、全ての机を壁向きに配置しました。

今までより子どもたちの集中力が高まっています。

 

IMG_4925

京都松陰塾

 

 

 

 

 

IMG_1421

そろばん塾ピコ

 

常に伸びる気持ちを持って、みんな成長してほしい。

いつもそう願っています。

posted by 塾長 in 常伸スクール and have 新教室 はコメントを受け付けていません。

子どもから力を引き出す

『子どもと接するとき、同じ高さの目線で話す方が良い』

とは、よく言われる言葉。

親子の場合は、それだけで充分な効果がありますが、

親子でない場合、同じ目線で話すだけでは、心は繋がりません。

 

子どもに対して、子どもの目を見て、心から真剣に話をすること。

【大人>子ども】の関係は

× 大人は子どもより偉いし、何でも知ってるし、大人の言うことを聞けばよい

○ 大人は子どもを大きな器で守り、子どもの気もちを受け止め、「良い」事に気付かせる

だと考えます。

 

ですので、私は子どもたちには、

真剣に怒ります。

真剣に話します。

真剣に守ります。

 

この気持ちで、子どもと接っしてこそ、

『本当の力』を子どもから引き出すことが出来ると信じています。

 

『子どもの個性を輝かせたい』

『子どもの個性に合わせた勉強をさせたい』

『子どもの事を、しっかり見て欲しい』

 

そう思ったときは、一度、常伸スクールへお越し下さい。

posted by 塾長 in 常伸スクール,成果 and have 子どもから力を引き出す はコメントを受け付けていません。

Give & Take

タイトルの

Give & Take(ギブ アンド テイク)

公平に譲り合いましょうよ!って感じですね。

 

果たして学習塾における

Give & Takeは何でしょう?

 

①お月謝を払ってるんだから、子どもの成績上げてください!

②お月謝を頂いているので、子どもにシッカリ教えよう!

 

でしょうか?

私は、①も②もGive & Takeだと考えません。

①②は学習塾経営において必要なことですが、

これを意識すると、真の指導ができなくなると思っています。

 

では、私の考えるGive & Takeとは?

③子どもたちを指導し、子どもたちが問題を理解した時の笑顔を貰う

④子どもたちが疑問をぶつけてきたときに、全力で回答する

そして、子どもたちが「常伸スクールに通って良かった!」って思ってくれたら、

私は、満面の笑みで「ありがとう」と返します。

 

6月に開校し、今回初めて来年4月入塾生を迎え入れる準備を始めました!

常伸スクールをたくさんの方に知ってもらえるよう

私自身でデザインしたチラシ作ってます。

たくさんの笑顔を見たいから、心をこめて作ってます!

伝わるかな。。。(微笑)

posted by 塾長 in あいさつ,常伸スクール and have Give & Take はコメントを受け付けていません。

吉田松陰

ショウイン認定校である常伸スクール

この『ショウイン』ですが、吉田松陰のショウインなんですよ。

 

幕末の歴史書などでは、たくさん登場してますよね?

学校でも「松下村塾」とか習ったのではないでしょうか?

テレビや映画など幕末をテーマにした作品でも、欠かせない存在です。

 

吉田松陰の人物像に関しては諸説諸々ありますが、

彼の残した言葉を、ひとつピックアップします。

 

「学問の上で大いに忌むべきことは、したり止めたりである。
 したり止めたりであっては、ついに成就することはない」

 

根気よく継続することは、本当に大変です。

たくさんのことをいっきに学ぼうとする必要はありません。

少しずつでも、毎日学んでいくことで成果を得ることが出来る。

地道なことですが、いっきに覚えることより、確実に吸収力が高いのです。

 

『常伸スクール』 常に伸びる!常に伸ばす!

そう!「常に!」

この意味も込めて、『常伸スクール』という名前にしているのです。

 

来年のNHK大河「八重の桜」にも吉田松陰は登場します。

この「八重の桜」主人公である八重さん。

京都に来て、新島襄と出会い再婚します。

新島襄といえば、同志社を創立した方ですね。

この大河、吉田松陰が登場し、京都が舞台になる時期もあり、なかなか楽しみなドラマになりそうです。

ちなみに私は、同志社大学の卒業生として新島襄を尊敬してますし、

絶対見逃せないドラマなのです。

 

posted by 塾長 in あいさつ,常伸スクール and have 吉田松陰 はコメントを受け付けていません。

勉強の秋!

10月になって、いっきに朝晩が寒くなりましたね。

こんな時期には体調管理がとっても大切になります。

 

子ども達にとっても、「暑くもなく、寒くもない」この季節!

◇食欲の秋・・・成長盛り。美味しいものたくさん食べてください♪

食べたら太る? 大丈夫です!食べたら沢山勉強してください。

脳をいっぱい使ったら、しっかりとカロリー消費されますよ。

◇読書の秋・・・秋だけと言わず、年中「読む」クセを付けましょう。

マンガでも好きな雑誌でも良いです。沢山「読む」ことをしましょう。

そして、読んで学んだこと、知り得たことを、他の人に教えてあげてください

↑ これが非常に大切。こうすれば頭に定着しやすいのです。

 

ということは。。。

この季節、いっぱい食べて、いっぱい勉強して、いっぱい人に教えてあげて下さい。

となります♪

 

ショウイン認定校 常伸スクール では、漢熟検の試験会場としても認定されました。

http://www.kanjyukuken.com/

身近な漢字習得。日常使う漢字・熟語を学び習得する。

普段使いの漢字・熟語を覚えましょう♪ そして目指せ1級合格!

posted by 塾長 in ショウイン学習法,常伸スクール and have 勉強の秋! はコメントを受け付けていません。

9月!入塾手続き再開させていただきます。

ショウイン認定校学習塾「常伸スクール」開校して3ヶ月

京大個別会そろばん塾「ピコ 洛南校」開校して2ヶ月

夏休み期間中は、新規のお問い合せによる募集を停止しておりましたが、

9月になりましたので、再開させていただきます。

是非一度体験又は見学に来てみてください。

受付電話番号:075-644-4670

 

新しいチラシも、これから配布させて頂ますので、

受取られた方は是非お読み下さい。

posted by 塾長 in あいさつ,常伸スクール and have 9月!入塾手続き再開させていただきます。 はコメントを受け付けていません。

言葉って大きい

子どものころ、1年でいちばん楽しかった『夏休み』

旅行へ行った思い出。

一生懸命夏休みの工作を作った思い出。

みんなとプールへ泳ぎに行った思い出。

色々な思い出があります。

でもなぜか、夏になると思い出すのが、小学校6年の夏休み。

中学校受験を控えての一番大切な時期でした。

9時頃 起床

午前中 2時間『塾』

午後から 2時間『塾』

夕方から 2時間『家庭教師』

夜から 2時間『塾』

塾から帰宅後から午前3時位まで 塾と学校の宿題

すごいハードな夏休み。

でも、その当時は全くっていっていいほど、しんどくなかったのです。

理由は1つ

勉強が楽しかったから

ある一言がキッカケで、小学校5年生から勉強することが楽しくなったのです。

それは、

塾長先生の「この子は伸ばせます」の一言

単純なんだけど、子どもなりに嬉しかったんです。

 

それから、ほんと成績がみるみる伸びていったのです。

塾長の一言は私の人生を変えたんだと思います。

 

私もそんな塾長になりたい!

 

posted by 塾長 in 常伸スクール and have 言葉って大きい はコメントを受け付けていません。

いつでも、ご相談にお越し下さい。

祇園祭の山鉾巡行を終えると、ほぼ同時に梅雨も明け、

これから小学校・中学校は夏休みに突入です。

 

常伸スクールが開校して1ヶ月半。

有名進学塾のようにドッカーンと大きく宣伝の為に、

毎週新聞折込みなどをさせていただきましたが、

まだまだ地元の方々に知られていないと思います。

 

常伸スクールとしては、

安心して子どもさんを通わせることの出来る、『楽しい学習塾』

そして、楽しみながら『成績がグングン伸びる塾』を目指しています。

 

良い高校に進学することを目標にして、汗をかくのも良し。

学校の授業に遅れないように、汗をかくのも良し。

苦手な科目だけ克服しようと、汗をかくのも良し。

得意な科目を、さらに向上させようと、汗をかくのも良し。

 

常伸スクールでは、お母さん、お父さん、お子さんとお話をして、

よりよい学習環境を作り、自立学習を目指して頂きます。

 

お子さんの成績に不安を感じたり、

お子さんの勉強の事で、相談したいことが有れば、

入塾されるされないは別にして、いつでもご相談にお越し下さい。

posted by 塾長 in 常伸スクール and have いつでも、ご相談にお越し下さい。 はコメントを受け付けていません。