『学ぼう』って気持ちが明日を変える

京都市南区の個別指導学習塾 ショウイン認定校 【京都松陰塾】 塾長ブログ

「待つ」ことの大切さ

子どもは成長するにつれ自我が生まれます。

それは、自分というものを確立していく過程といえます。

・自分で色々と決めたがる

・物事に対して拒否することが増える

・大人と同じことをしたがる

これらのようなことが例にあげられます。

 

■お出かけ直前の会話

親「こっちの赤い服と、こっちの青い服、どっち着る?」

子「赤い服着たいけど汚れたらいやだし、青い服は晴れの日に着たいし・・・どっちにしようかな」

時間だけが流れて、なかなか決められません。

電車の時間に間に合わなくなるんじゃないかと、親はイライラ・・・

 

こんなとき、どうしますか?

親A「もう時間がないから、青い服にしときなさい!」

親B「あなたのせいで遅れたらどうするの?早く決めて!」

親C「ごめんね。もっと早くにどの服にするか聞けば良かったね。私の服に合わせて青い服にしてくれる?」

 

ついつい親Aか親Bのパターンになっていませんか?

時間が無いのも、遅れそうなのも、親がもっと早くに聞いてあげていたら、発生しない事です。

親の準備不足を子どもに転嫁しているだけです。

 

こういうときは、しっかり自分の非を謝り、理由をつけて親が決めてあげる親Cが良いと思います。

 

一番良いのは、もっと早い時間に、質問してあげて、しっかり考える時間を作ってあげる。

そして一緒に考えてあげる。ことです。

 

子どもの成長期、自我が芽生えだしたら、

親は子どもをフォローしてあげる立場になることも大切です。

posted by 塾長 in 未分類 and have 「待つ」ことの大切さ はコメントを受け付けていません。

No comments

The comments are closed.