タイトルの

Give & Take(ギブ アンド テイク)

公平に譲り合いましょうよ!って感じですね。

 

果たして学習塾における

Give & Takeは何でしょう?

 

①お月謝を払ってるんだから、子どもの成績上げてください!

②お月謝を頂いているので、子どもにシッカリ教えよう!

 

でしょうか?

私は、①も②もGive & Takeだと考えません。

①②は学習塾経営において必要なことですが、

これを意識すると、真の指導ができなくなると思っています。

 

では、私の考えるGive & Takeとは?

③子どもたちを指導し、子どもたちが問題を理解した時の笑顔を貰う

④子どもたちが疑問をぶつけてきたときに、全力で回答する

そして、子どもたちが「常伸スクールに通って良かった!」って思ってくれたら、

私は、満面の笑みで「ありがとう」と返します。

 

6月に開校し、今回初めて来年4月入塾生を迎え入れる準備を始めました!

常伸スクールをたくさんの方に知ってもらえるよう

私自身でデザインしたチラシ作ってます。

たくさんの笑顔を見たいから、心をこめて作ってます!

伝わるかな。。。(微笑)